ebay イーベイのオープンケースとは?お客とのトラブルの対応・対処方法

ebay イーベイのオープンケース

オンラインショッピングはとても便利ですが、トラブルはつきものです。インターネット上はお互いの顔も見えない売買となるので、やはり最初は大丈夫なのか?と買う方も売る方も心配になってしまいますよね。昔よりは大分、ネット詐欺などはなくなったとは思いますが、ネット通販詐欺のニュースは後を絶ちません。

ebayでも、こういった売買での詐欺やトラブルの対策のために、Open Case(オープンケース)というオプションがあります。




Open Case(オープンケース)とは

何かトラブルがあった時にレゾリューションセンター(Resolution Center)に間に入ってもらいます。落札者(バイヤー)出品者(セラー)も使えます。

■バイヤー(落札者)がオープンする場合
商品が届かない商品に不備があった商品説明が説明通りではなかった

■セラー(出品者)がオープンする場合
落札者が代金を支払ってくれない未払いのまま連絡が無い取引のキャンセルの申し出、等といったトラブルが発生した場合にオープンケース(Open Case)をします。

ケースをオープンされた後

ケースをオープンした、された後に、出品者、落札者と話し合い(返金・返品)をします。もし、自分がセラー(出品者)でバイヤー(落札者)にオープンされた場合は、すぐに連絡を取るようにしましょう。落札者がオープンしたから返事を待つとかしないでこちらから連絡するようにしましょう。3日以内に連絡をしないとケースオープンした(落札者)がケースをエスカレートします。

レゾリューションセンター(Resolution Center)オープンケースの流れ

エスカレート(Escalate)とは

エスカレートとは、ebayに決断を求めることをエスカレートするといいます。エスカレートされたら、強制返金となるのでエスカレートされる前に返事をして問題を解決しましょう。以前まではケースをオープンにされてからも、バイヤーに連絡する時間は結構あったのですが、しかし、ここ最近ではケースをオープンされてから、早い段階でエスカレートされてしまいます。

それは、例え、追跡番号をebayにアップしていても、強制的にセラーが悪くなってしまいます。このエスカレートの連絡がebayからきた時ほど、嫌な事はありません…かなりストレスです。何せebayはバイヤー(買い手)至上主義です。なので、もうケースをオープンされた時点でほぼ、返金が確定しているからです。

すぐに対応しないと、ebayからの評価も悪くなるので、なるべく早く対応しましょう。値段にもよりますが、少額な商品でしたら、早めに返金をすることをオススメします。(泣き寝入りですが…)

セラー(出品者)がバイヤー(落札者)にオープンされた

ebay イーベイのオープンケース

※落札者が出品者をオープンする場合

そのほとんどは商品が到着しない、または商品が破損していた、思っていた商品と違うなどでクレームがきます。商品が到着しないに関しては、ほぼ、海外の郵便事情のせいです(汗)
追跡をつけたとしても、セラー(出品者)が悪くなります。

商品が到着していてもバイヤー(買い手)が届いてないと嘘を言ってしまえば、それはセラー(出品者)が悪くなります。追跡をつけていて、相手に荷物は届いたという証拠があったとしても…これもバイヤー至上主義だからです(泣)セラー(出品者)がかなり不利な立場となります。

ついこの間も商品が届かなくてオープンケースされました。こんな感じでebayからメールがきます。

ebay イーベイのオープンケース

話し合いも空しく、閉じられました…。まぁ、自分はオープンケースについては慣れっこになってます。毎度、どうせ返金だろうという感じです。追跡番号をつけてるので、見てみたら現地の郵便局に保管されたままでした。なので「郵便局に問い合わせをして下さい!」とお客にはメールで書いたのですが、返事もなく、ebayからケースを閉じるというメールがきました…

ebay イーベイのオープンケース

強制の返金です。返金した後に商品を追跡で調べてみると、お届け済みとなってました(*´Д`)またしても、やられたーてな感じです。はぁーこのオープンケースはやる気を根こそぎ奪っていきます。こんな風にケースは閉じられます(´Д⊂ヽ

セラー(出品者)がセラー(落札者)をオープンする場合

※出品者が購入者をオープンする場合

これも結構ある事です。海外のお客はとてもルーズです。ですので、落札されても、最低は1週間は待つようにしましょう。待ってる間に催促のメールは何度かしましょう。海外の人は日本人と違ってとにかくルーズです(汗)大体、連絡が無くても1週間ぐらいは待つようにしましょう。

ケースのクローズが多いと、アカウント停止の可能性もある…

ebay イーベイのオープンケース

バイヤー(落札者)からオープンされ、ケースを閉じられてばかりいると、アカウント停止の可能性もあります…。2013年頃から開始された、Seller Dashboard(セラーダッシュボード)セラーレベル(評価)に傷がついてしまいます。このセラーダッシュボードはebayで販売をしていく上で、かなり大事です!

ebay イーベイのオープンケース

このセラーダッシュボードは頻繁にチェックをしましょう。セラーダッシュボードの「Your Seller Level」「Current seller level」の箇所が通常は「Above Standard」(アヴァーブ・スタンダード)なのですが、あまりにもオープンケースや返金が多いと「Below standard」(ビロウスタンダード)になってしまって出品数が制限されたりペイパルが一時凍結状態になったりします…。これはマジできついです。

(セラーレベルについては今後、記事を書きます!)
正直、セラーに厳しすぎます…ebayさん(*´Д`)

皆様、ebayで販売していてオープンされたら、迅速に対応するようにしましょう!

ebay イーベイのオープンケース

ebay イーベイのオープンケースのまとめ

私の場合は、オープンされたら、もう90%の割合で、返金だということで諦めてます。なので、私はebayでは高い商材は扱っていないです。

実は過去に一度、詐欺のセラーと戦ったことがありますが、商品は届いているのにバイヤーが届いてないとケースをオープンにしてきたんです。追跡番号が付いてるから届いているでしょう?というメールにもバイヤーは「届いていない!」と言い切り、それで1~2週間ぐらい、メールのやり取りでバトルしましたが、結局、バイヤーがエスカレートしてebayに判断を委ねた結果、こちらの負けで返金しました…。

バイヤーが商品が届いてないと言えば、セラーの負けとなるのです。1~2週間、怒りとストレスで結局、仕事も手付かずで、返金以上のマイナスを被りました。時間の無駄だったという事です。

しかし、朗報です!
eBayでケースをエスカレートされ、PayPalでもオープンケースされた件

こういった例もあります!
ですので、バトルしてみるのもありかと思います。

この記事を書いて何が言いたいかってebayさん!マジでセラーに厳しすぎだろー!!(泣)ということです。しかし、こうもセラーに厳しいebayですが、コツコツ真面目にやっていれば、確実に結果はついてきます!ここ最近のebayは「コツコツと真面目に」が一番合ってるような気がしますm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする